株式会社I&I

外壁改修工事 Wall repair work

マンションの
外壁改修工事はなぜ必要?

外壁改修工事

外壁改修工事は建物を雨風から守り、健全な状態を維持するための工事です。外壁は日々、雨風や紫外線の影響を受け続けています。経年による物理的な劣化もあるため、何もせずに放置しておくと、多大なコストがかかる大規模な修繕工事が必要となる場合があります。劣化を放置せず、早めの対応をすることで、修繕費用を抑え、建物の寿命を延ばすことが可能です。

マンション外壁改修では
こんなところを工事します。

マンションの外壁改修工事では屋上、コンクリートやタイルの剥落防止や目地の補修を行います。

  • コンクリート壁

    コンクリート壁

  • タイル壁

    タイル壁

  • 外壁、窓サッシなどのつなぎ目(目地)

    外壁、窓サッシなどのつなぎ目(目地)

外壁改修が必要になる時期

外壁改修工事が必要となる時期の目安は一般的に10年前後が目安とされていますが、
使用されている材料や、建物の環境によってはその通りではありません。
以下のような劣化症状が見られるようでしたら、調査診断をお勧めします。

劣化症状をチェック

  • ひび割れ

    ひび割れ

  • タイル浮き・剥がれ

    タイル浮き・剥がれ

  • コンクリート爆裂

    コンクリート爆裂

  • 塗装の剥がれ

    塗装の剥がれ

  • 目地(シーリング)劣化

    目地(シーリング)劣化

I&Iの外壁改修工事

自社一環対応による施工体制で工事を任された責任を果たします。

自社一環対応による施工体制で
工事を任された責任を果たします。

自社職人が施工することをモットーに工事に取り組んでおります。突発的な事象に対してもスムーズな対応が可能です。品質についても社内で基準を共有しているため、いずれの現場においても高い品質の施工を行っております。

丁寧な下地補修で外壁の健康状態を長期間維持します。

丁寧な下地補修で外壁の健康状態を
長期間維持します。

劣化がひどいケースの場合、コンクリートをはつり、モルタルを埋め戻す作業を行います。またクラック(ひび割れ)にはその幅や深さによって補修の方法が異なってきます。下地の補修を丁寧に行うことで、次の修繕工事までの期間を長くすることにつながります。

タイルの剥落を防止して安全性をアップ

アクアバインド工法

既存タイルの意匠を活かしながら外壁仕上材の剥落を防止

  • アクアバインド工法
  • アクアバインド工法

「アクアバインド工法」は、壁面全体をタイル中央部からステンレスアンカーピンでコンクリート躯体にしっかり固定します。
固定した後に水性ウレタン樹脂で一体化することにより、将来の剥落を予防します。

アクアバインド工法
ステンレスアンカーピン[ボンド CPアンカーピン]
  • 拡張子とエポキシ樹脂を併用して固定するため、引抜き耐力、せん断耐力に優れます。
  • アンカーピンにより、既存仕上材を強固に固定します。
  • ステンレス製のため、耐久性に優れます。
  • 「ボンド CPキャップ」を使用することで補修跡が目立ちません。
1液型ウレタン樹脂プライマー[ボンド クリアプライマー]
  • 既存陶磁器タイルに優れた接着性を示します。
1液型水性形ウレタン樹脂[ボンド アクアバインドZ]
  • 変形追従性に優れたはく落防防止層を形成します。
  • 1液型水性系なので施工性に優れます。
  • 膜厚検査をかくじつ、確実な塗布量の管理を行います。
2液型アクリルシリコン樹脂[ボンド クリアトップコート]
  • 耐久性に優れ、剥落防止層を保護します。

製作タイル

特殊技術により既存タイルとほぼ同等の色・柄・艶を忠実に再現。

  • 製作タイル

    貼り替え工事でタイルに色むらが・・・

  • 製作タイル

    既存タイルを忠実に再現

足場を組まないゴンドラでの施工にも対応します。

足場を組まないゴンドラでの
施工にも対応します。

足場を組むことが困難な建物でも、ゴンドラを使用して外壁改修工事を行うことが可能です。ネットや足場で常時建物を覆わずに工事が可能なため、日照、風通し、眺望などを遮らず生活することが可能です。

コンクリート打ち放しに撥水加工

コンクリート打ち放しに撥水加工

撥水加工により外壁に雨水が当たっても、雨水が外壁に染み渡らず、水滴の粒になって流れ落ちるようになります。経年によって目立ってしまう、雨筋の汚れや黒ずみ、カビ・コケからコンクリートを守ります。