株式会社I&I

防水工事 Waterploofing work

マンションの防水工事は
なぜ必要?

防水工事

防水工事はずばり建物を水から守る工事です。屋根、屋上などのひび割れや壁と窓枠やドア枠の隙間など、水はちょっとした隙間から侵入します。躯体内に侵入した水が原因で建物の劣化を進行させます。やがて雨漏り、水漏れとなって顕在化するのです。マンションの資産価値を守るためにも、快適に暮らすためにも、防水工事は非常に重要で、定期的な防水改修工事が必要となります。

マンション防水工事では
こんなところを工事します

マンションの防水工事では屋上、ベランダ、廊下、階段のほかに目地や壁に防水工事を施します。

  • 屋上

    屋上

  • ベランダ

    ベランダ

  • 共用廊下

    共用廊下

  • 共用階段

    共用階段

  • サッシなどのつなぎ目(目地)

    サッシなどのつなぎ目(目地)

  • 外壁

    外壁

防水工事が必要になる時期

防水工事が必要となる時期の目安はおおよそ10年とされることが多いです。
ですがマンションがさらされる環境によっては劣化が早く進んだり、10年よりも長持ちする場合があります。
年数だけを指標にせずに以下のような劣化症状を見かけた場合は早期の調査診断をお勧めします。

劣化症状をチェック

  • 屋上

    表面の色褪せ

  • 防水層のふくれ

    防水層のふくれ

  • 防水層の剥がれ、亀裂

    防水層の剥がれ、亀裂

  • 水たまり

    水たまり

  • ドレン詰まり

    ドレン詰まり

  • 目地(シーリング)劣化

    目地(シーリング)劣化

I&Iの防水工事

自社一環対応による施工体制で
工事を任された責任を果たします。

自社職人が施工することをモットーに工事に取り組んでおります。突発的な事象に対してもスムーズな対応が可能です。品質についても社内で基準を共有しているため、いずれの現場においても高い品質の施工を行っております。

丁寧な下地補修で防水効果を長期間維持します。

丁寧な下地補修で防水効果を
長期間維持します。

防水工事において下地補修は最も重要と言っても過言ではありません。下地の良し悪しで防水材の効果期間を維持する期間が異なります。長く防水効果を維持し、改修サイクルが長くなることは長期的に見れば工事のコストダウンにもつなげることが可能となります。

建物や状況に合わせて最も適切な工事をご提案します。

建物や状況に合わせて最も適切な
工事をご提案します。

ウレタン防水、塩ビシート防水、アスファルト防水等、建物の構造形状等、使用用途によって適切な工法を判断するため実際に現場調査を行いお客様へご提案します。

例えば

  • 01
    共用廊下・階段・ベランダに防滑性シートを貼ることで雨の日の転倒防止や深夜の歩行音を軽減できます。
  • 02
    打ち放しコンクリート面や磁器質タイル面には撥水効果がある透明薬剤を塗布することで意匠性を変更せずに維持保全が可能です。
  • 03
    ウレタン塗膜防水は、液状の防水材を化学反応で硬化させるため複雑な形状の屋根や屋上にも対応できます。
  • 04
    塩ビシート防水は他の防水よりも高寿命です。複雑な形状には不向きですがウレタン塗膜防水との複合工法により解決できます。